民族時報 第995号(03.01.21)


【記事1】

    韓国で188団体が「自主・平和の年」を宣布

  米軍装甲車による女子中学生シン・ヒョスン、シム・ミソンさん殺人事件汎国民対策委員会(汎国民対策委員会)など百八十八の市民・社会団体は十三日、ソウル市内のプレスセンターで記者会見を開いた。代表らは二○○三年を「自主・平和の年」と宣布する記者会見文を発表し、互恵平等な韓米関係の確立と対話・協商を通した朝鮮半島の戦争危機克服を訴えた。

 記者会見文では、今年の朝鮮半島情勢が「類例のない緊張と希望が混在」しているとし、朝鮮半島が世界唯一の分断冷戦地帯として残り、朝米間に戦争がいつぼっ発するかわからない危機状況が続く一方で、最近数年間、南北間の平和と和解の機運は高まっているとした。そのうえで、韓国民は互恵・平等の韓米関係を確立し、軍事主義と戦争の暴力を断固として反対する意志を込めて、今年を「自主・平和の年」と宣布すると明らかにした。

 さらに、@女子中学生れき殺事件の責任者処罰と不平等なSOFAを全面改正することで、平等な韓米関係の新たな基礎を築く年A北朝鮮をめぐる葛藤(かっとう)を対話と協商を通して一括妥結し、朝鮮半島の戦争の危機を取り払い、朝鮮半島と北東アジアの平和定着の大転換をなし遂げる年B世界の平和勢力との連帯を通して、イラクなど世界各地で起きている不道徳な戦争と戦争の脅威から世界平和を守る年――にしなければならないと主張した。

 呉宗烈・汎国民対策委共同代表は「われわれは、一方的な支配と弾圧、収奪に口をつぐむ平和は死の平和として拒否し、自主と平等、尊重をうける平和を願う」と述べた。

95号記事7・

年末も韓国内でキャンドルデモ

 また十二月三十一日の夜にも韓国と日本、米国など世界各地で、シン・ヒョスンさんとシム・ミソンさんの死を悼み、れき殺容疑者の米軍人処罰と韓米駐屯軍地位協定(SOFA)の全面改正、ブッシュ大統領の公開謝罪などを要求するキャンドルデモが行われた。(アピール文は下記)

 米軍装甲車による女子中学生シン・ヒョスン、シム・ミソンさん殺人事件汎国民対策委員会(汎国民対策委)が同十四日に呼びかけた「百万人キャンドルデモ平和大行進」に応じたもので、ソウル市内では午前零時に光化門から鍾路二街の普信閣までを十万人の市民が埋め尽くした。

 光化門前の舞台では、歌手のヤン・ヒウンさんや国楽家のチャン・サイク氏らが歌で女子中学生の霊を慰めた。主催者はこの日、「二○○三年を自主と民主の新しい年にしよう」との国民に送るメッセージを発表した。市民らは平和的に米大使館に向かったが、警察が暴力的に妨害した。

 この日は日本や米国、ドイツなど世界十数か国でもキャンドルデモが行われた。

 警察は一日、光化門の開かれた広場で追悼ろう城していた汎国民対策委と民主労働党関係者を強制排除した。

 

資料・国民の皆さんに送るアピール―

二〇〇三年を自主と平和の年にしよう

  消えることのないろうそくの火とともに、自主と平和の新年が明けた。二〇〇二年は、不平等な韓米関係に反対して韓国民の自主権回復に火をつけた歴史的な一年だった。

ヒョスンとミソンの残酷な死と、殺人米軍の欺まん的な無罪判決によって燃え上がった国民の巨大なキャンドルデモは、だれも押し止めることのできない民族自主の巨大な波とうとなった。

二人の女子中学生の魂が十万のほたる火となった十二月十四日。

「殺人米軍を処罰せよ」「ジョ−ジ・ブッシュは謝罪せよ」「SOFAを全面改正せよ」と全国民は声をひとつに合わせ、自主権回復を宣言した。

いま、われわれすべてが自主と平和の新年を迎えよう。

新年には、必ずブッシュの謝罪とSOFAの全面改正によって踏みにじられた自主権を回復しよう。

新年には、民族の生存を脅かしている米国の朝鮮半島戦争政策をくい止め、平和な朝鮮半島を構築しよう。

わが民族の運命を、われわれの団結した力で開拓していこう。

二〇〇三年の新年も、われわれのろうそくの火を消すことはできない。

ミソンとヒョスンの魂でともされた百万のキャンドル平和大行進は、この地の戦争の暗雲を振り払う力であり、自主と平和の世紀を開く新たな希望の火花として燃え上がることを、われわれは確信する。

新年は百万のろうそくの火を超えて、百万、一千万の太陽として燃え上がる年にしよう。

街頭と学校で、家庭と職場で、工場と農村で、全国どこであろうと、自主と平和の巨大な日の光をおこすようにしよう。

二〇〇三年は、民族自主の花が大きく花開く年。

二〇〇三年は、平和統一の道が開かれる年。

二〇〇三年は、ごう慢な米国から韓国民の自主権を戦取する一年にしよう。

二〇〇三年十二月三十一日

  米軍装甲車による女子中学生シン・ヒョスン、シン・ミソン殺人事件汎国民対策委員会


[HOME] [MENU] [バックナンバー]