民族時報

民族時報 第1247号(14.02.01)


【記事1】 新年をともに祝う

各地で成人祝賀会開く

 在日韓国民主統一連合(韓統連)、在日韓国青年同盟(韓青)、在日韓民主女性会(民主女性会)、在日韓国人学生協議会(学生協)は、各地で成人祝賀会と新年会を開いた。

 韓青近畿地協は一月十九日、大阪市内で成人祝賀会を開催した。李俊一・韓青大阪符本部委員長は「成人を契機に、韓国人として民族的に生きることを目指してほしい」とあいさつした。続いて、金隆司・韓統連大阪本部代表委員が祝辞で「民族の誇りを胸に頑張ってほしい」と新成人者への期待を述べた。成人式では韓国の伝統成人式やゲーム企画、成人者への記念品の贈呈などが行われた。

 同日、韓青中部地協の主催で成人祝賀会が四日市市内で開かれた。張友則・韓青三重県本部委員長は主催者あいさつで民族との出会いの大切さを語り「韓青を通じて民族的に生きてほしい」と訴えた。また、各成人者が抱負を述べ「大人になるにつれ、在日同胞に対する日本社会の無知に気付くようになった。私たちの存在を正しく伝えたい」と決意を述べた。その後、韓統連東海協議会の主催で全体の新年会が開かれ、金相祚・韓統連三重本部代表委員があいさつし「昨年は『矜持・愛・勝利の確信』の三大意識化運動を韓統連東海が先頭に立って実践してきた。今年は朴槿恵政権打倒に向けて、団結して共に闘っていこう」と強調した。

 関東では、韓青東京が一月十八日、東京都内で新年会を開催し、新参加者も集う中、民族料理教室や新年の書き初めなどを行った。また、韓統連東京は十九日、新年会を開き、宋世一・韓統連副議長が情勢報告を行い、参加者は今年一年の闘争の決意を共有した。


HOME MENU バックナンバー