民族時報

民族時報 第1239号(13.07.01)


【短信】

おもな出来事

「慰安婦」被害者証言

 2013日本軍「慰安婦」被害者証言キャンペーンが日本軍「慰安婦」問題解決全国行動により、5月18日から26日まで福山、沖縄、広島、岡山、大阪、奈良で行われた。韓国から来日した「慰安婦」被害者の金福童、吉元玉さんは過酷な体験を証言、平和への願いを語るとともに、橋下徹大阪市長の暴言を厳しく批判した。

康宗憲氏講演会、開催

 1月24日にソウル高裁で再審無罪をかちとった元在日韓国人「政治犯」の康宗憲氏の講演会が、NPO法人三千里鐵道の主催により5月25日に名古屋市内で、31日には韓統連三重本部などで構成する実行委員会の主催により四日市市内で開催された。康氏が判決報告し、参加者は無罪判決の喜びを共有した。

三千里鐵道6・15講演会

 NPO法人三千里鐵道は6月16日、名古屋市内で6・15共同宣言13周年記念講演集会を開催した。李鳳朝・元韓国統一部次官が「南北新体制の現状と展望」をテーマに講演した。

停戦60年国際シンポ

 ソウル・ピョンヤン・東京をつなぐ朝鮮戦争停戦60周年リレー国際シンポジウムが8月1日午後5時より、都内・学士会館で開かれる。主催は郭東儀6・15共同宣言実践海外側委員会共同委員長、渡辺健樹・日韓民衆連帯全国ネットワーク共同代表、日森文尋・朝鮮の自主的平和統一支持日本委員会議長が共同委員長をつとめる同実行委員会。米国のクラーク元司法長官、カナダのチョスドフスキー・オタワ大名誉教授の基調報告をもとにパネルディスカッションが行われる。問い合わせは事務局(電話03-3814-4084)まで。


HOME MENU バックナンバー