民族時報 第1234号(13.01.01)


【記事1】

    在日政治犯再審求め全国会議が集約集会

 

 韓国良心囚を支援する会全国会議(渡辺一夫代表)は十一月三十日、都内で元在日韓国人政治犯(良心囚)の再審無罪と名誉回復、国家保安法の撤廃を求める全国運動署名集約集会を開いた。

 集会では、渡辺代表が「現在、多くの元在日韓国人政治犯が再審裁判中か、再審申請中だ。支援運動を一層強化しよう」とあいさつした。

 三月に再審無罪が確定した元在日政治犯の金元重氏(六十歳 千葉県在住)は再審裁判を振り返りながら、在日政治犯が一人でも多く再審無罪をかち取れるよう支援を訴えた。

 集会では、韓統連の朴南仁副事務総長が連帯あいさつした。


[HOME] [MENU] [バックナンバー]