民族時報 第1200号(11.03.15)


【トップ記事】2012年政治決戦の勝利へ

韓統連各本部が相次いで総会


 韓統連東京本部(梁炳龍代表委員)、韓統連神奈川本部(郭元基代表委員)、韓統連三重本部(金相祚代表委員)、韓統連広島本部(郭文鎬代表委員)は二月二十七日、第十三回韓統連代議員大会を受けて定期総会を開いた。各総会では活動総括と財政報告を承認、二〇一二年の政治決戦の勝利に向けて「同胞アンケート運動」と地域活動を活発に行うことを盛り込んだ運動方針を採択した。総会には会員と韓青、民主女性会のメンバーらが多数参加した。


 東京本部は都内で第三回定期総会を開いた。梁炳龍代表委員は「私たちは二〇一二年の政治決戦に勝利し、祖国統一の道を切り開いていかなければならない」「二〇一一年と二〇一二年を韓青、民主女性会とも固く団結し、力強い活動を展開しよう」とあいさつした。続いて孫亨根・中央本部議長があいさつし、「代議員大会で選挙に向けた方針を決定した。私たちは選挙を通じて自主的な政権へと交代させなければならない。東京本部がこの選挙運動の先頭に立ってまい進してほしい」と訴えた。

 総会では、活動総括と財政報告が承認され、活発な討論を経て▽同胞大衆に広く深く浸透して二〇一二年政治決戦に勝利する基盤を構築しよう▽朝鮮半島の非核化と平和のための対話を促進させよう▽六・一五共同宣言が履行されるよう統一運動を展開しよう▽連帯運動を強化して朝日関係の正常化を推進しよう▽同胞大衆のなかに広く深く入り組織を強化しよう、の五項目の方針案と事業計画案、予算案が採択された。役員改選では、梁代表委員が再選した。

 三重本部は四日市市内で第三回定期総会を開き、金相祚代表委員が「三重の地で積極的に活動を展開し、大きな成果を得た。これは韓統連、女性会、韓青の三者が一体となって得たものである」とあいさつした。

 姜春根・中央本部副議長が「統一の道へと確実に歩んでいる。統一を現実のものとするため、三重本部の活動に期待する」とあいさつした。総括案、財政報告が採択され、アンケート運動と組織強化などの今年度方針と予算案が提起され、採択された。その後、役員改選に入り、金相祚代表委員が再選した。

 神奈川本部は横浜市内で第十二回定期総会を開き、朴南仁副事務総長があいさつした。アンケート運動などの方針を採択するとともに、郭元基代表委員(韓統連中央本部副議長)が再選した。

 広島本部も第三回定期総会を開いた。黄英治組織局長があいさつし、二〇一二年政治決戦に向けた活動方針案が採択され、郭文鎬代表委員が再選した。


[HOME] [MENU] [バックナンバー]