民族時報 第1195号(10.12.15)


【詩】韓青結成50周年を迎えて

輝かしい祖国の未来に向かって

金知栄


 ここに
 4月の若い獅子たちの血がたぎる歓声が聞こえてくる
 民族の真の解放のために
 人間解放のために
 自らを解き放つために
 祖国統一のために
 ひたすら歩んできた半世紀

 軍事独裁政権の操り人形に転落した民団の民主化と
 在日同胞の権益運動に全ての力を注いだ60年代
 70年代には
 史上初の自主民主統一運動の連合体 韓統連結成で
 高い理想の実現を目指す組織が構築され
 反独裁闘争に青春を燃やした
 光州抗争にともに立ち上がり
 込み上がる憤怒で反米自主化時代を開いた80年代
 韓青出身の女性たちは 民主女性会の誕生に熱誠的に参加した
 初めて 北の祖国の地を踏みしめ
 南北海外三者連帯の汎民族大会を成功させて
 和解と交流、協力の6・15時代の礎を築いた90年代
 そして2000年
 「わが民族同士」、力を合わせて統一をなし遂げようと約束した
 6・15南北共同宣言発表に歓呼の声を上げた

 4月革命精神の輝かしい継承者として
 民族の運命と自らの運命を重ねて歩んできた
 50年の歳月 不屈の闘争は
 祖国と民族を限りなく愛したからこそ
 可能なことであった

 独裁政権の酷い弾圧も怖れず
 権力にこびることも へつらうこともなかった
 厳しい民族差別にも 冷酷な処遇にもめげなかった
 燃えさかる 粘り強い生命力で
 寂寞とした地、日本で わが文化と伝統を守り
 ひたすら自主民主統一の道を歩んできた
 韓青は
 海外同胞青年運動の先駆者
 どんな困難にも気力を失うことのない不死鳥

 崇高な目標に対する固い信念で
 人生の全てをかけて 闘争の先頭に立ってきた歳月であった
 闘争の中で学び 鍛錬して
 後悔のない青春時代を謳歌した年月であった
 痛恨の分断時代
 時代の荒波のなかで
 民族の魂を育み 歴史を発展させてきた日々であった

 韓青は
 あなたと私の 溌剌とした青春が美しく宿り
 祖国と会えるところ
 私たちに生の方向と
 人間的に生きることの意味と
 生の目的が何かを
 実践的に教えてくれた 人生の師であった
 正しい運動に導いてくれた すばらしい人生の大学であった

 分断祖国の現実に胸を痛ませることを悟らせ
 闘争の中で自らを歴史化する喜びを抱かせてくれた
 祖国と民族の深奥な意味と
 民族の和解と祖国の統一がどれほど切実かを
 心臓に刻んでくれた
 過去を反省しない 植民地宗主国日本の地で
 民族の誇りをもって生きることが
 どれほど幸せなのかを知らせ
 祖国と民族の解放こそ
 在日同胞の、私自身の解放であることを教えてくれた
 心豊かな生と 価値ある人生を生きる方法を
 私たちは闘争の中で学んだ

 韓青は
 私たちの心の揺りかご
 限りなく暖かい巣
 わが民族の宝

 代を引き継ぐ正義の闘争の炎 激しく燃えるそこには
 熱い同志愛があり
 民族的な生き方によって人間として解放されるところ

 ああ しかし
 揺らぎのない 血の涙にじむ闘争は半世紀を過ぎたが
 南の地では いま
 民主主義は 後退し
 公安弾圧が猛威を振るっている
 民族の統一を排撃する勢力は
 私たちの献身的な闘争に 再び刃を向けている

 けれども 勝利の日は遠くない
 わたしたちが目指す目標に対する確信と実践がある限り
 希望の道があるのみだ
 勝利の旗を祖国の地に高く掲げるまで
 自主・民主・統一に向けた わたしたちの進軍を止めることはない
 逞しい覇気で さらに団結して
 この地の同胞青年たちを結集させよう
 老若男女共に手を携え
 内外同胞との同志の絆をさらに強めて
 輝かしい祖国の未来に向かって
 歴史の流れを変えよう

 韓青の不屈の闘争は わが民族史に永久に輝くだろう


[HOME] [MENU] [バックナンバー]