民族時報 第1195号(10.12.15)


「6・15時代を花咲かそう」

韓青50周年記念祝賀会、熱気と感動に包まれる

 十二月五日、韓青結成五十周年記念式に続いて祝賀宴が同会場で開かれ、在日同胞や米国、欧州の同胞、日本の連帯関係者が多数参加、韓青中部地協のメンバーによるプンムル(民族楽器の合奏)でオープニングを飾った。

 文世賢・韓青委員長があいさつし、「韓青結成五十周年を契機に、六・一五時代を再び花咲かせよう」と述べた。韓青中央本部の歴代委員長の紹介に続き、慎忠義・韓青結成五十周年を祝う会会長が「これから新たな五十一年目の始まりであり、私たちにはまだまだやらなければならないことがたくさんある」とあいさつし、祖国統一に向けたいっそうの奮闘を訴えた。

 この日の祝賀宴には、社民党の福島みずほ党首(参院議員)や服部良一・衆院議員、民主党の今野東・参院議員、I女性会儀の清水澄子共同代表、韓国から四月革命会、北朝鮮から祖国統一汎民族青年学生連合北側本部、六・一五北側委員会青年学生分科委員会、六・一五欧州地域委員会/韓民族欧州連帯など内外の各界人士、団体から祝辞が寄せられた。

 また、六・一五日本地域委員会の趙善吾事務局長があいさつしたほか、海外からゲストとして、米国の盧吉男・民族通信代表、ドイツの崔英淑・韓民族欧州連帯議長、金鎮香・六・一五欧州地域委員会事務局長がそれぞれ紹介され、あいさつした。

 祝賀宴では、民主女性会による詩の朗読「韓青結成五十周年を迎えて―輝かしい祖国の未来に向かって」の発表や韓青OBのあいさつが行われたほか、各本部の韓青盟員が五十年の愛国運動を振り返るアンサンブルを力強く披露した。

 文委員長がこれからの運動への抱負を述べた後、参加者全員で「四月の若き獅子(しし)」を合唱し、祖国統一に向けて力強く前進する決意を共有した。


[HOME] [MENU] [バックナンバー]