民族時報 第1193号(10.11.15)


【記事1】約一万人参加、海外からも百人の市民運動家

    ソウル市内で反G20民衆共同行動

 十一、十二日の両日、ソウル市内で開かれた二十か国・地域(G20)首脳会議に対し、民主労働党や韓国進歩連帯、民主労総など八十一の政党や市民・労働団体でつくるG20対応民衆行動(民衆行動)は六日から十二日まで共同行動週間を設定し、貧困や雇用問題などの解決を求めるさまざま反対行動を展開した。

 民衆行動は十一日、ソウル駅前広場でG20糾弾国際民衆共同行動を開き、労働者や市民ら約一万人が参加した。海外から約百人の市民運動家も参加した。

 参加者らはこの日、ソウル宣言を採択し、@経済危機の費用を民衆に転化しないことA全面的な金融統制を実施することB集会・デモの自由とすべての市民権を保障すること、などを求めた。集会後、参加者らは平和的にデモ行進した。

 十日にも、ソウル市内の各所でG20反対集会が夜遅くまで開かれた。


[HOME] [MENU] [バックナンバー]