民族時報 第1141号(08.08.01)


【記事5】

    東北アジア連絡会 日朝正常化で集会

 東京・総評会館で二十四日、「東北アジアに非核・平和の確立を!日朝国交正常化を求める集会」が開かれた。主催は同実行委員会で、「東北アジアに非核・平和を!日朝国交正常化を求める連絡会(東北アジア連絡会)」が呼びかけ、韓統連も賛同した。

 集会では清水澄子・朝鮮女性と連帯する日本婦人連絡会代表が「朝米関係と六者協議が進展しているが、こうした状況を日朝関係の改善に生かせていない。日本政府の誤った対北朝鮮政策を是正させ、日朝国交正常化を促進していく運動を、新しいネットワークのもとで新たに始めよう」と主催者あいさつした。姜尚中東大教授、和田春樹東大名誉教授、李鍾元立教大教授の三氏が記念講演した。長野、新潟、大阪の日朝国交正常化運動の報告に続いて、日本政府に経済・エネルギー支援、一部制裁の解除、人道的な食糧支援を求める「日朝国交正常化を求めるアピール」が発表された。

 集会に先立ち「日朝国交正常化促進全国交流会議」が開かれ、「東北アジア連絡会」を全国組織の「日朝国交正常化連絡会」に発展させ、日朝国交正常化運動を力強く推進していくことが確認された。


[HOME] [MENU] [バックナンバー]