民族時報 第1133号(08.04.01)


【記事3】韓青神奈川 新委員長に金承民氏

    民族的に生きる地域拠点

 在日韓国青年同盟(韓青)神奈川県本部(李英鎬委員長)は三月十六日、県内の川崎市教育文化会館で第二十六回定期大会を開催し、韓青盟員や本部のOB、韓統連のメンバーらが参加するなかで、金承民情報宣伝部長を新委員長に選出した。

 大会では李英鎬委員長が二十五期(二〇〇三年から)を振りかえりながら、「朝鮮半島が統一に向かって大きく変化するなかで、韓青神奈川も南北の青年たちと交流を深めながら成長してきた。今後も在日同胞青年とともに統一祖国に向かってまい進しよう」とあいさつした。

 続いて韓青中央本部の文世賢委員長、韓統連神奈川本部の郭元基代表委員があいさつした。

 大会では第二十五期総括を採択した後、@六・一五共同宣言を模範的に実践することで、在日同胞社会の和合を推進し、平和と統一の新時代を切り拓こうA今を生きる在日同胞青年として、一人ひとりが力を合わせて平和で自主的で民主的な社会をつくっていこうB「魅力ある本部に多くの同胞青年を!」のスローガンのもとに、ともに民族的に生きるための地域拠点、同胞青年のコミュニティーセンターとして展開しよう―との基本方針が採択された。

 金承民新委員長は、「在日同胞青年が民族的主体性を確立し、祖国とともに生きていくためのよりどころとなる大木のような本部をつくり、実践活動を通して同胞青年とともに一歩ずつ前進していきたい」と就任あいさつを述べた。


[HOME] [MENU] [バックナンバー]