民族時報 第1133号(08.04.01)


【記事2】新会長に辛尚美氏を選出

    学生協 第18期定期総会を開催

 在日韓国人学生協議会は三月二十日、都内の文京シビックセンターで第十八期定期総会を開き、学生協の会員、韓統連、韓青、民主女性会のメンバーが参加するなか、辛尚美執行委員を新会長として選出した。

 金紗愛会長の主催者あいさつに続いて、朴南仁・韓統連中央組織局長がこの間の執行部の努力を評価しながら、「学生協のさらなる飛躍に期待する」と激励のあいさつをした。民主女性会、韓青が連帯あいさつをした。

 活動総括では、「十七期学生協は、まず地域ごとの学生協の地盤を固めることを目的に出発した」とし、積極的な組織活動、動員活動によって定着メンバーを獲得、「会員数が増え、執行部の体制を整えることができた」ことを最大の成果として評価した。また、各地域との交流をより積極的に行うことがこれからの課題であると明らかにした。

 活動総括を採択したあと、@多様性に富んだ在日学生の集いA民族としての自覚を持ち成長できる場B本音で語り合える仲間をつくれる場―といった基本方針を採択した。

 学生協会員らによる決意表明に続き、辛尚美新会長は、「学生協で、多くの在日学生が自分のルーツをはっきりと理解し、民族意識を持った上で、堂々とこの社会で生きていけるように、また歴史や伝統を次の世代に伝えていけるように、しっかりとした基盤をつくっていきたい」と就任あいさつをし、参加者らは、拍手で激励した。


[HOME] [MENU] [バックナンバー]