民族時報 第1028号(04.02.11)


【記事7】

    韓青、来月上旬に冬期講習会

 在日韓国青年同盟(韓青・李政秀委員長)と在日韓国人学生協議会(学生協・金裕理会長)は、一大イベントの冬期講習会を三月に開くため本格的な準備に入り、多くの同胞青年学生に参加を呼びかけている。

 韓青は、「スノーフェスティバル二〇〇四(第四十回韓青全国冬期講習会)」を三月十二日から十四日までの三日間、長野県の志賀高原で開く。講習会では「向き合おう仲間たちと!感じよう民族文化を!見つめようウリ民族を!」をテーマに、在日同胞を取り巻く状況や正しい歴史認識を映画や講演などを通して学び、語り合うグループ別企画をはじめ、民族楽器や朝鮮舞踊など民族文化を各地方本部ごとに披露する韓青文化マダン(広場)など、日常では経験できない民族色豊かなの三日間を準備している。全国盟員が総力を上げて取り組んでいる。

問い合わせは、フリーダイヤル0120―734―101(韓青中央本部SF係)。

 学生協は、「スキーキャンプ03(第十三回冬期講習会)」を同八日から十日までの三日間、岐阜県の平湯温泉で開く。会員らは、在日同胞の歴史や現状について講演やディスカッションを通して学ぶ一方、文化披露やゲームを盛りこんだ学生協マダン(広場)を通して、同胞学生らが心から話し合い、気持ちを共有できる場をつくろうと奮闘中だ。

問い合わせは、рO3―5297―7174(学生協キャンプ係)。ホームページhttp://hakseng.korea-htr.com/


[HOME] [MENU] [バックナンバー]