民族時報 第989号(02.11.01)


【記事4】

    民主化運動記念事業会 海外同胞らを招請

  七○年、八○年代に韓国の民主化運動を献身的に支援した海外同胞や日本人らを招請し、その成果をともに分かち合う「海外民主人士招請の行事」が、十月十六日から二十日までソウル市内などで行われ、招請者らは金大中大統領との午さん会などに出席した。

 招請したのは民主化運動祈念事業会(理事長・朴炯圭牧師)で、在日同胞の林炳澤氏(元韓青北海道本部委員長)や趙活俊氏、李仁夏牧師、日本人の吉松繁氏(牧師・元在日韓国人政治犯を支援する会全国会議代表)、白柳誠一枢機卿、小田実氏(作家)、米国からジョージ・オーグル牧師らが招待された。

 一行は初日の歓迎晩さん会の後、十七日に海外民主人士の集い、青瓦台(大統領官邸)訪問と金大中大統領との懇談・午さん会、十八日に光州市訪問と五・一八国立墓地、望月洞(旧墓地)参拝、十九日に釜山民主公園訪問、二十日に南北鉄道連結工事中の都羅山駅見学などの日程をこなした。


[HOME] [MENU] [バックナンバー]