民族時報 第989号(02.11.01)


【トップ】

    第8回南北閣僚級会談 「対話で核問題解決」に合意

             共同報道文発表 陸海路通行も協議へ

  南北は十月十九日から二十二日までピョンヤンで第八回閣僚級会談を開き、核問題や協力・交流事業などを含む八項目の共同報道文を発表した。二か月ぶりに開かれた閣僚級会談で、南北は「最近、南北関係が六・一五共同宣言の基本精神に合うように良く発展していることを肯定的に評価」するとして、八・一五民族統一大会や釜山アジア競技大会、京義線・東海線の鉄道と道路連結工事の着工など、最近の統一事業の進展に満足の意を表明した。そのうえで、民間船舶の領海通過や軍事境界線の通行、漁民の漁場利用など、新たな関係発展のための協議を開始することに合意するなど、多くの成果を挙げた。

 南側の丁世鉉統一部長官と北側の金リョンソン内閣責任参事を首席代表とする第八回南北閣僚級会談で合意した共同報道文の要約は次のとおり。

 南北は、最近、南北関係が六・一五共同宣言の基本精神に合うように良く発展していることを肯定的に評価し、六・一五共同宣言を履行するために引き続き努力する。@六・一五共同宣言の精神に合うよう朝鮮半島の平和と安全を保障するために共同で努力し、核問題をはじめすべての問題を対話で解決するよう積極的に努力するA京義線と東海線の鉄道と道路の建設が同時に早く進むよう閣僚級会談が積極的に推進するB開城工団の建設着工を十二月中に行う問題などを開城工団建設実務協議会で討議し、開城工団の中に南側の出張事務所を設置するC民間船舶の相手側領海の通過と安全運行など、海運協力に関する海運合意書採択のための実務接触を十一月中に金剛山で行うD相手側の人員通行と物資輸送に関する通行合意書採択の問題を、南北間の鉄道と道路が連結される時期にあわせて協議するE南側の漁民が北側の東海漁場の一部を利用する問題で、実務接触を早い時期に金剛山で行うF離散家族のための金剛山面会所を早く建設し、(朝鮮)戦争時の(行方不明者の)消息がわかった者の生死と住所を確認する赤十字団体の事業を支援するG第九回南北閣僚級会談を二○○三年一月中旬にソウルで開く。

 閣僚級会談の結果について、李ボンジョ南側スポークスマンは十月二十三日、懸案事項になっている核問題について南北が対話で解決することに合意したことで、朝鮮半島での戦争の可能性を低めたとし、意味のある成果だと述べた。

 六・一五南北共同宣言の実現と韓半島の平和のための統一連帯(統一連帯)は同日、声明を発表し、今回の会談が「朝鮮半島の平和実現は民族間の協力と六・一五共同宣言の履行でのみ可能であることを示した」とし、「民族間の協力、交流の活路を広く開けたことを積極的に支持、歓迎する」と述べた。

 南北は今回の会談で、京義線と東海線の鉄道と道路の開通を予測した軍事境界線の人員通行と物資輸送に関する通行合意、民間船舶の双方の領海通行と安全運行に関する通行合意のための実務協議を早期に開始するとした。これで現在利用されている空路に加え、陸路と海路の通行路が開けることになる。


[HOME] [MENU] [バックナンバー]