民族時報 第988号(02.10.21)


【記事3】

    女子中学生れき殺事件で署名80万名突破

 「米軍装甲車による女子中学生殺人事件汎国民対策委員会」(汎国民対策委員会)は、事件の真相究明と責任者の処罰、ブッシュ米大統領の公開謝罪を要求する百万人署名が十月七日現在、七十万人を超えたことを明らかにした。署名は、すでに八十万人に達しつつあるという。

七月から始まった署名は、一か月に二十万人以上のハイペースで集まっている。女子中学生れき殺事件後も、駐韓米軍が関係する死亡事故や暴行事件などが相次いでおり、韓国国民の反米世論は沈静化の兆しを見せていない。

汎国民対策委員会は十月末までに百万人を達成し、署名簿をホワイトハウスへ直接伝達するなどして、米国政府に一層の圧力をかけていくことにしている。


[HOME] [MENU] [バックナンバー]