民族時報 第985号(02.09.21)


【記事3】

    韓統連が韓国水害民に義援金

 韓国日報を通じ、30万円を伝達

 今月初めに韓国全域を襲った台風十五号の影響で、死者・行方不明者二百二十人以上、被害総額五兆五千億ウォン(政府発表)の甚大な被害を出したことに対して、在日韓国民主統一連合(韓統連・郭東儀議長)は十三日、水害民への義援金三十万円(郭議長ほか会員一同の名義)を韓国日報東京支社に寄託した。

 孫亨根事務総長はこの日、同支社を訪ね、辛允錫特派員に「水害民への支援に役立ててほしい」と義援金三十万円を手渡した。辛特派員は「義援金をいったん本社に集めたあと、中央災害対策本部に必ず伝達する」と述べ、感謝の意を表した。

 義援金は韓国日報十四日付に掲載された。韓統連は九五年の水害の際も同支社に義援金四十万円を寄託している。

 韓統連は引き続き、水害民支援のための義援金を広く呼びかけている。送り先は「義援金」と明記のうえ、郵便振替00150―3―180052(民族時報社)まで。


[HOME] [MENU] [バックナンバー]