民族時報 第1182号(10.06.01)


【記事5】「韓日併合」百年

    韓日知識人211人が共同声明発表

 「韓国併合」百年にあたり、学者や作家、文化人ら韓日の知識人が五月十日、東京とソウルで「『韓国併合』百年―韓日知識人共同声明」をそれぞれ発表した。

 韓国側は姜萬吉・尚志大元総長、詩人の高銀氏、李泰鎮・ソウル大教授ら百九人が署名し、日本側は和田春樹・東京大名誉教授、中塚明・奈良女子大名誉教授、哲学者の鶴見俊輔氏ら百五人が署名している。

 声明では、「韓国併合」の歴史的真実は「前文も偽りであり、条約本文も偽りである。条約締結の手続き、形式にも重大な欠点と欠陥が見いだされる」とし、したがって「韓国併合にいたる過程が不義不当であると同様に、韓国併合条約も不義不当である」と指摘した。そのうえで、韓日両政府に厳粛に受け止めるよう求めた。


[HOME] [MENU] [バックナンバー]