民族時報 第1165号(09.08.15)


【短信】

    おもな出来事

 靖国キャンドル行動

 「平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動2009」が7日と8日、都内で開催された。主催は同実行委員会で、韓統連も賛同した。七日に日本弁護士会館で行われた「国際シンポジウム」には、韓国、台湾、沖縄、ドイツからの参加者が、戦争動員装置としての靖国神社の特異な性格について報告・討論した。8日に上野水上音楽堂で開かれた「コンサート&証言」には韓国、台湾、沖縄、日本から歌や舞踊の出演があり、また体験者の生々しい証言があった。コンサートを終えた参加者は、平和のキャンドルを灯して都内をデモ行進した。

 双龍弾圧に抗議行動

 5月22日以来、大規模な整理解雇などに反対して工場内でろう城しながらストライキを続けていた双龍自動車本社工場(京畿道・平沢市)の労働者に対して、4、5日に韓国政府は警察力を投入した鎮圧作戦を敢行した。これに対して、全国労働組合連絡協議会などの労組と市民団体らが6日、在日韓国大使館に抗議行動をし、大使館に労組への弾圧に抗議する李明博大統領宛ての抗議文を届けた。報道によると6日、労使交渉が妥結した。

 東医宝鑑が記録遺産に

許浚(ホ・ジュン)が編さんした朝鮮時代医学書「東医宝鑑」が、ユネスコ世界記録遺産に登載された。文化財庁は7月31日、ユネスコ(国連教育科学文化機関)第9回世界記録遺産国際諮問委員会は、韓国が登載申請した「東医宝鑑」初刊本の世界記録遺産登載を承認したと発表した。これで韓国は訓民正音、朝鮮王朝実録、直指心体要節、承政院日記、高麗大蔵経板および諸経板、朝鮮王朝儀軌とあわせて7件の世界記録遺産を保有することになった。韓国の世界記録遺産はアジアで最も多く、世界では6番目。

 国家保存墓地に指定

 故盧武鉉前大統領の遺骨が埋葬されている慶尚南道金海市進永邑の墓地とその周辺が、「国家保存墓地」第1号に指定された。 保健福祉家族部は5日に開いた国家保存墓地審査委員会で、先月30日に盧前大統領の遺族が提出した国家保存墓地指定申請を審査した結果、元国家元首の墓地にふさわしく国家保存墓地に指定し、歴史的・文化的に保存する必要があると決定した。

 水原国際ユース優勝

 サッカーU−20(20歳以下)の4か国代表が争う水原国際ユース大会は6日、韓国が日本を2対1で下して優勝した。 2位は2勝1敗のエジプト、3位は日本、4位は南アフリカ。


[HOME] [MENU] [バックナンバー]