民族時報 第1160号(09.06.01)


【記事9】

    学生協が東西で新入生歓迎会開く

 在日韓国人学生協議会(学生協、韓成祐会長)は五月十六日、関東と関西の両地域で新入生歓迎会を開き、多くの会員と先輩らが参加して、大学・専門学校に入学した新入生らを祝った。

 学生協関東は、東京・新大久保で新入生歓迎会を開いた。卒業生の先輩があいさつし、「在日同胞学生としてどう生きていくのか、祖国と民族にどう向き合っていくのかを、学生同士の学習と討論で考え、実践してほしい」と激励した。歓迎会では意見交換する時間を多くとり、在日同胞としての思いや将来への展望などを語り合い、相互理解を深めた。

 学生協関西は大阪・梅田で開催した。韓成祐会長は「今日を契機に、将来の夢や希望をわかちあいながら、ともに学生協活動をつくっていこう」とあいさつした。韓国映画の鑑賞会や統一マダンへの参加など、今後の活動案内では、多くの学生が参加を希望した。また、クイズ大会などの企画も行なわれ、参加者らは親睦を深めた。

 学生協関東・関西では定例会を開催し、在日同胞の現状に対する学習会や交流企画を行なっていく予定だ。


[HOME] [MENU] [バックナンバー]