民族時報

民族時報 第1282号(17.1.6)


【記事2】

鶴橋でキャンドルデモ開催

 東京・三重でも宣伝活動

コリアタウン・新大久保での宣伝活動(12.10 東京)
 韓統連(孫亨根議長)は朴槿恵大統領の弾劾訴追が決定した翌日の12月10日、国内のキャンドル集会に連帯し、各地で宣伝活動を展開した。

 韓統連大阪本部(金隆司代表委員)は大阪市生野区で「朴槿恵大統領の即時退陣を求めるキャンドルデモin大阪」を開催し、在日同胞、日本人など約200人が参加した。

 出発集会では、金代表委員が主催者あいさつで「弾劾可決は終わりではなく、新たなスタートだ。朴槿恵が退陣するまで韓国民衆とともに闘おう」と訴えた。

 JR鶴橋駅前を通るキャンドルデモでは、キャンドルとプラカードを手に「朴槿恵は即刻退陣しろ」「共犯者セヌリ党は解散しろ」「憲法裁判所は適正な判断を行い、朴槿恵を罷免しろ」などのスローガンを叫んだ。

 韓統連東京本部と神奈川本部は東京・新大久保で街頭宣伝活動を、韓統連三重本部は四日市市内で戸別訪問を行った。


HOME MENU バックナンバー