民族時報

民族時報 第1282号(17.1.6)


【記事1】

民主女性会結成30周年大会が大盛況

 総括に基づき30年宣言採択

主催者あいさつする金会長(11.27 東京)
 在日韓国民主女性会(民主女性会、金知栄会長)は11月27日、都内の中央大学駿河台記念館で「在日韓国民主女性会結成30周年記念大会」を開催し、会員をはじめ在日同胞や連帯団体の代表など約100人が参加し、盛況を博した。

 金会長は主催者あいさつで「運動の発展の中で苦難もあったが、目標に対する固い信念と勝利への確信があったがために、誇りにあふれた日々だった」と30年を振り返るとともに、「30年の運動成果を新たな出発点とし、自主・民主・統一を実現し、女性と男性が人間らしく生きることができる社会をつくるために、力強く歩き続ける」と決意を示した。韓統連の孫亨根議長が激励辞を述べた。

 記念大会では、30年の活動を総括し、この間の運動成果を土台に今後の運動指針となる「民主女性会30年宣言」を採択した。金好子事務局長が力強く決意表明した。

 祝賀会では、映像「民主女性会が歩んだ30年」の上映のほか、各界の来賓による祝辞、民主女性会員らによる文化発表、韓青の律動などが披露されるなど、民主女性会の発展を祝賀し激励する雰囲気に包まれた。


HOME MENU バックナンバー