民族時報 第1068号(05.06.21)


【採択文献】

    民族統一宣言

  六・一五共同宣言は、わが民族の前に祖国統一の活路を開いた民族自主の宣言、反戦平和の宣言、民族大団結の宣言である。

 きょうまでの五年間、わが民族は六・一五共同宣言が切り開いた道に沿ってて祖国統一に向けた大きな歩みを踏みしめてきた。

 全民族が祖国統一の主体であることを深く認識した。

 民族内部の反目と対立の過去を克服し、和解と団合のきょうを築いた。引き裂かれた血脈は一つになり、障壁は外見のみ残っている。

 六・一五共同宣言の正当性と生命力は現実によって実証され、共同宣言の精神は全同胞が支持する共同の愛国理念となった。

 われわれはいま、祖国統一の新たな局面を迎えている。

 われわれは本大会で祖国統一の明るい未来を確信しながら、全同胞が力をあわせて自主的平和統一の新たな転機を作り出すため、以下のとおり厳粛に宣言する。

 第一に、六・一五共同宣言が切り開いた道に沿って、南と北が共存、共栄して一つの民族として生きようとすることは、わが同胞の一致した念願であり意志である。

 われわれは、歴史的な六・一五共同宣言で明らかにされたとおり、わが民族同士で力をあわせて自主的に祖国統一の歴史的偉業を成就するだろう。

 第二に、二〇〇〇年六月十五日は南と北が祖国統一の新時代を切り開いた歴史的な日である。

 われわれは、民族の運命開拓で転換的意義をもつ六・一五共同宣言が発表された日を「わが民族同士の日」(六・一五共同宣言発表記念日)と定め、民族共同で記念するだろう。

 第三に、六・一五共同宣言を徹底して履行する基本方途は、同族の間で民族共助を実現することにある。

 われわれは、民族共同の利益を第一に置きながら、当局と民間で共同歩調をはかって連帯を強化し、多方面にわたる協調を強化していくだろう。

 第四に、平和なくして平和統一はありえず、民族の共同繁栄もありえない。

 われわれは、全民族の団結した力でこの地から核戦争の危険を除去し、平和な生活のよりどころを築いていくだろう。

 第五に、六・一五共同委員会は六・一五共同宣言の精神にのっとって、力強く前進してきた南、北、海外の民族統一運動の高貴な結晶体である。

 われわれは六・一五共同委員会を、六・一五共同宣言を支持する全同胞を一つに団結させ、祖国統一運動を挙族的に力強く推進させるもっと幅広く威力ある統一愛国運動機構として強化発展させていくだろう。

 全民族は、祖国統一の新時代を切り開く祖国統一の主人である。

 われわれは、六・一五共同宣言発表五周年となる今年、自主、平和、統一のための民族大行進を推し進め、祖国統一の転換的局面を切り開き、民族の尊厳と栄誉を全世界にとどろかすだろう。

六・一五共同宣言発表五周年記念民族統一大会

二〇〇五年六月十五日

ピョンヤン


[HOME] [MENU] [バックナンバー]