民族時報 第1011号(03.07.11)


【記事7】

    「イラク新法は違憲」 市民団体が院内集会

 平和を実現するキリスト者ネットと平和をつくり出す宗教者ネット、戦争反対、有事法案を廃案へ!市民緊急行動の三団体は六月二十七日、イラク復興支援特別措置法案の問題点を明らかにする院内学習集会を都内永田町の衆議院議員会館で開いた。

 集会では、阿部浩巳氏(神奈川大学教授)が「イラク『復興支援』と国際法」について、山内敏弘氏(龍谷大学教授)が「イラク派兵法の違憲性と危険性」について講演した。阿部教授は、同法案による自衛隊派遣は「国際法上の『侵略』軍の支援になる」と批判し、被害の実態調査や被害者の救済、戦争犯罪の処罰などを国際法にコミットしながら解決する平和的な道筋を提起した。

 法案は四日、強い反対世論のなか衆議院本会議を通過した。


[HOME] [MENU] [バックナンバー]