<声明> 八・一五靖国神社参拝に抗議する

<声明> 八・一五靖国神社参拝に抗議する

 わが民族をはじめ、アジア諸国と民衆の再三の忠告と非難を無視して小泉首相は十五日、靖国神社を電撃的に参拝した。植民地支配と侵略戦争で数百万のアジア民衆の命を奪った日本帝国主義(日帝)の敗亡の日、わが民族とアジア民衆の日帝からの解放の日である八月十五日を、加害責任を否定する「終戦の日」として強行された参拝は、かつての侵略支配を美化する行為である。われわれは、小泉首相の靖国参拝を、わきあがる民族的憤怒を込めて厳しく糾弾し抗議する。
 そもそも靖国神社は明治政府以来、ときの権力のために戦死した人びとを「神」として奉り、顕彰することで戦争を美化し、戦争に民衆を動員するための宗教装置として機能してきた。日本は敗戦後、それを反省して平和主義と政教分離原則を掲げる憲法を制定した。それにもかかわらず、小泉首相は憲法違反の疑いがあるとの司法判断と各界からの批判を無視して靖国神社参拝をくり返してきた。

 小泉首相は自身の靖国参拝を、「戦没者全体に対して哀悼の意を表するため」だとか、「再び戦争を起こしてはいけないという気持ち」からだとしてきた。あげくの果てには、「心の問題」とまで言い放った。「不戦」を口にしながら、侵略戦争と植民地支配に呻吟(しんぎん)し、その傷がいまだ癒(い)えていないわが民族やアジアの国々の願いを踏みにじるのは、彼の言葉が詭弁(きべん)にすぎないことを自ら証明するものだ。加害側が「心の問題」をうんぬんして、被害側の心痛に顔を背け、土足で踏みにじることは決して許されるものではない。小泉首相は言葉と裏腹に、戦争賛美の行為をほしいままにしてきたのである。

 ましてや小泉首相は今回、「八月十五日を避けて参拝してきたが、いつも批判、反発がある。いつ行っても同じ。ならば今日は適切な日ではないかと判断した」と開き直った。

これは最も過酷で悪らつに侵略支配されたわが民族の光復を汚し、挑発する言辞だ。それだけでなく、周辺事態法で米軍の侵略戦争の後方支援を担当することを約束し、イラクへの自衛隊派兵で既成事実化された「戦争ができる国」づくりの総仕上げとして、平和憲法と教育基本法の改悪の地ならしをしようとするものだ。われわれは、小泉首相が退任しようとも、彼が働いたわが民族とアジアの民衆に対する侮辱(ぶじょく)と好戦的態度を記憶し、糾弾し、日本の反戦平和勢力と連帯して日本の軍事大国化に反対し、阻止するために闘うだろう。

小泉首相は退任する。しかし彼が壊した日本とアジア諸国間の信頼関係を修復するという重い課題は残る。日本の新首相は、朝日国交正常化をはじめ戦時強制動員、軍隊「慰安婦」問題などの戦後補償を誠実に行い、靖国神社参拝の中止、独島問題と歴史教科書諸問題などを、歴史の真実と善隣友好の立場に立って英断を下し、実効性のある措置を取るべきである。

二〇〇六年八月十五日
在日韓国民主統一連合
在日韓国青年同盟
在日韓国民主女性会


 

[HOME] [MENU]