八・一五光復五十九周年記念民族統一大会共同決議文

〔メニュー〕


 祖国光復五十九周年のきょう、われわれは六・一五共同宣言発表五周年であり、祖国光復六十周年、分断六十年の来年を、歴史の分水嶺を超えて誇らしい自主統一元年として迎えようとする決意にあふれている。

 二〇〇〇年の六・一五共同宣言発表以後、南北海外の全同胞が切り開いてきた共同宣言履行の道は、不信と対決にまみれた半世紀の分断時代を超えて、自主と平和統一の新時代へと休息に転換している。

 いまや統一の里程標である六・一五共同宣言にしたがってわが民族同士で力をあわせて開拓する祖国統一の道は、だれも阻むことができない大勢であると同時に、歴史的必然になった。

 最近、内外で統一時代に逆行する動きが連続して起こることによって、南北関係がこれまでになく緊張している。より強度を高めている米国の戦争政策によって、祖国の平和が深刻に脅かされている。

 しかし、すべての障害を克服して、二〇〇五年を必ずや自主統一の元年として迎えようとする全民族的意志は熱く、天を突くように高い。

 きょう意義深い光復五十九周年を迎えて、一日も早く統一を実現しようとする南と北、海外各界の意志をこめて以下のように決議する。

 第一に、われわれは今回の八・一五民族統一大会を、南北海外が一堂に会して開催しようとしたが、南側当局の妨害によって成就できなかったことに対して、深い遺憾の意を表しながら、南側当局の誤った行為に反対し、力強い闘争を展開していくだろう!

 統一時代は六・一五南北共同宣言とともに、すでに現実のものとなっている。

外勢の脅迫と干渉をきっぱりと拒否して、わが民族同士で力をあわせて自主的に統一しようという民族的な大義の前に、南側当局も決して例外ではありえない。

 われわれは今後、全同胞の統一行進を阻む一切の行為に対して、断固として闘争して行くだろうし、南北海外全同胞の大団結の道をよりいっそう切り開いていくこと決議する。

 第二に、われわれは外勢によって祖国にたれこめた戦争の危機とすべての敵対的行為を除去し、平和的で自主的に統一して行くだろう!

 現在、祖国の平和をもっとも深刻に踏みにじり、民族を分裂と対決に追い込んでいるのは言うまでもなく米国だ。  

 米国は表面的には六者協議などで対話を表明しながらも、裏では駐韓米軍再配置と米日軍事同盟の強化、最新兵器の増強に熱をあげて、先制攻撃計画を現実化させようとしている。

 日本もこれに歩調をあわせて軍国主義化に熱をあげている。

 われわれは当面して祖国の平和を脅かす一切の行為に断固として反対し、外勢の介入と干渉によって始まった分断を終わらせて、平和的で自主的に統一を実現するために、統一の主人であるわが民族同士ですべての力をあわせて行くだろう。

 第三に、われわれは六・一五共同宣言の旗の下に団結し、さらに団結するだろう!

 六・一五共同宣言は民族の団結を通じて、国の統一を実現しようとする人なら、だれとでも手を取り合って団結することができる道を開いてくれた。

 しかし、いまだに南側では民族の半分である北を反国家団体と規定している国家保安法と主敵論が健在で、祖国統一の道で献身して来た汎民連、韓総連、汎青学連、韓青などの統一団体が弾圧を受けている。

 統一の一方の当事者を敵と規定し、民族の団結を実現するために努力して来た統一団体を弾圧する一切の敵対的行為は、ただちに中断されなければならない。

 われわれは今年、民族の対決をあおる国家保安法、主敵論などを必ず廃止させて、 六・一五共同宣言の旗の下に、南北海外の全同胞の団結を一層固めて行くだろう。

 南と北、海外の全同胞が団結し、さらに団結して、今年の統一進軍を勝利に導き、二〇〇五年を名実ともに自主統一元年として輝かしく迎えよう。

六・一五共同宣言万歳!

祖国の自主的平和統一万歳!

ソウル、ピョンヤン、海外各地域

二〇〇四年八月十五日