【資料】 平和と統一のための八・一五民族大会

    平和と統一のための7千万の決議

〔メニュー〕


 きょう、われわれは民族の和解と団結、平和と統一を念願する全同胞の意志を集めて、歴史的な八・一五民族大会を開催している。

祖国光復五十八周年を南と北、海外の全同胞がともに記念できるようになったのは、六・一五共同宣言があったからである。六・一五共同宣言を通して、わが民族は分かれて暮らすことのできない一つの血筋であることを確認し、民族の団結の道に全同胞がともに立ち上がることができるようになった。六・一五共同宣言の旗を高く掲げて民族の安全と平和を守り、統一の道へまい進することは、七千万同胞の一途な意志である。

七千万同胞の皆さん。

現在、わが民族の運命は厳しい危機におかれている。平和と統一を念願する民族の意思とは逆に、この地で戦争の危険は日増しに大きくなっている。われわれは民族の前に迫り来る戦争の危険を防ぎ、民族の安全と平和を守り、七千万同胞の一途な念願である祖国統一をなし遂げる確固とした信念を持って、次のように決議する。

第一に、われわれは、どのような試練にもくじけることなく七千万同胞の固い平和の意志を内外に厳粛に宣言する。

平和なくして統一もなく、民族共同の繁栄もありえない。今、わが民族に平和よりもっと切実で大事なものはない。どのような場合にも、この地で戦争が起きてはならないということが、全同胞の確固とした念願であり意志である。われわれは、平和を民族の最優先課題にして、統一の道、繁栄する未来を開いていくものである。

第二に、われわれは、外部からの戦争の危険を民族の団結した力で克服していくものである。

戦争の危険を防ぎ、民族の平和と安全を守るためには、何よりも全同胞が固く団結しなければならない。平和の実現は民族全体の念願である。六・一五共同宣言が発表された後、わが民族は和解と団結の新たな歴史を切り開いている。敵対と分裂を押し立てる強大国のどのような脅威も、民族の和解と団結の前では、その力を失ってしまうはずである。

第三に、われわれは、民族の団結と共助を通して平和と統一の道を開いていくものである。

民族の分裂を克服し統一を早めるための道で、すべての問題をわが民族の力で解決してきたように、民族の安全を守って平和を実現するために、われわれは民族同士で互いに力をあわせ、団結していかなければならない。また平和を愛し、平和を守るために努力する世界のすべての国、すべての平和勢力とも固く力を集めていくものである。

第四に、われわれは、民族の統一をなし遂げ、この地に真の平和が根づくようにするものである。

わが国の真の平和は、統一によってこそなし遂げることができる。南北間の和解と協力のためのわが民族のすべての努力は、分裂ではなく、一つの民族、統一のためのものでなければならない。われわれは、歴史的な六・一五共同宣言で明らかにされた道に沿って、民族の和解と団結の新しい章を創造していくだろう。そして、わが民族の力で必ず統一の門を大きく開くものである。

七千同胞の皆さん。

民族の自主と独立のために闘った先烈たちの愛国愛族の精神を記憶しよう。

六・一五共同宣言を、民族自主精神として胸に刻もう。

六・一五共同宣言を実践して民族の団結と統一をなし遂げ、戦争を阻止してわが民族の安全を守ろう。

わが民族の力を信じ、祖国の平和と統一の道にともにまい進しよう。

思想と理念、信仰と政見をこえて、各界のすべての人々がひとつになって統一の道に立ち上がろう。

全同胞の統一意志を集めて、必ずわれわれの代に統一をなし遂げよう。

平和と統一のために八・一五祖国光復万歳。

六・一五共同宣言万歳。

祖国の自主的平和統一万歳。

平和と統一のための八・一五民族大会

二〇〇三年八月十五日

ピョンヤン