「南北共同宣言」(全文)、「南北共同報道文」(全文)

 〔メニュー〕


「南北共同宣言」(全文)

祖国の平和的統一を念願する全同胞の崇高な意思により、大韓民国の金大中大統領と朝鮮民主主義人民共和国の金正日国防委員長は、2000年6月13日から15日までピョンヤンで歴史的に対面し、首脳会談を行った。

 南北首脳は分断の歴史上初めて開かれた今回の対面と会談が、互いの理解を増進させて南北間関係を発展させ、平和統一を実現するのに重大な意義を持つと評価し、次のように宣言する。

 1.南と北は国の統一問題を、その主人であるわが民族同士で互いに力を合わせ、自主的に解決していくことにした。

 2.南と北は国の統一のため、南側の連合制案と北側のゆるやかな段階での連邦制案が、互いに共通性があると認め、今後、この方向で統一を志向していくことにした。

 3.南と北は今年の8・15に際して、離散家族、親せきの訪問団を交換し、非転向長期囚問題を解決するなど、人道的問題を早急に解決していくことにした。

 4.南と北は経済協力を通じて、民族経済を均衡的に発展させ、社会、文化、体育、保健、環境など諸般の分野での協力と交流を活性化させ、互いの信頼を固めていくことにした。

 5.南と北は、以上のような合意事項を早急に実践に移すため、早い時期に当局間の対話を開催することにした。

 金大中大統領は金正日国防委員長がソウルを訪問するよう丁重に招請し、金正日国防委員長は今後、適切な時期にソウルを訪問することにした。

 2000年6月15日

 大韓民国大統領 金大中

 朝鮮民主主義人民共和国国防委員長 金正日


共同報道文(全文)

 南側の要請によって、2002年4月3日から5日まで金大中大統領特使の林東源・青瓦台外交安保統一特別補佐官がピョンヤンを訪問した。

 林東源特使は金正日国防委員長を礼訪し、金大中大統領の親書を手渡して金大中大統領の意志を伝えた。

 滞在期間中、林東源・青瓦台外交安保統一特別補佐官と朝鮮労働党中央委員会・金容淳書記が会談した。

 この過程で双方は、最近つくられた朝鮮半島情勢と民族の前に迫った厳重な事態、そして南北関係で提起される諸般の問題などに対して幅広く協議し、次のように合意した。

 1.双方は、歴史的な6・15南北共同宣言の基本精神に合致するよう互いに相手方を尊重し、緊張状態がつくられないように努力すると合意した。

 2.双方は、わが民族同士で力を合わせ国の統一問題を自主的に解決していくとした共同宣言の合意事項にしたがって、これまで一次的に凍結されていた南北関係を現状回復することにした。

 3.双方は、南北間の断ち切られた鉄道と道路を連結することが重要との認識のもと、東部で新たに東海線鉄道と道路を、西部でソウル―新義州間の鉄道およびムンサン―開城間の道路を、早期に連結することにした。

 4.双方は、南北間の対話と協力事業などを積極的に推進することにした。

 @南北経済協力推進委員会第2回会議を5月7日から10日までソウルで開催することにした。これとともに鉄道と道路の連結、開城工団の建設、臨津江の水害防止対策などを討議するための南北経済協力推進委員会のもとに実務協議会をおくことにした。

 A金剛山観光の活性化のための第2回当局者会談を6月11日から金剛山で行うことにした。

 B第4回離散家族訪問団交換事業を4月28日から金剛山で行うことにした。

 C北側はすでに合意した経済使節団を5月中に南側に送ることにした。

 D双方は、以上の合意事項履行の進捗(ちょく)状況にしたがって第7回南北閣僚級会談を開催することにした。

 5.双方は、南北軍事当局者間の会談を再開することにした。

 6.双方は、同胞愛と人道主義、相互扶助の原則で互いに協力することにした。

 2002年4月5日 ピョンヤン