2002年南北共同行事資料

6・15南北共同宣言を履行してわが民族の力で統一の門を開こう

〔メニュー〕 〔6・15共同宣言、4・5共同報道文〕


6・15民族統一大祝典で採択された

七千万同胞に送るアピール

 歴史的な六・一五共同宣言発表二周年を迎える意義深いこの時、南と北、海外の各界代表は、世界の名山・金剛山で民族統一大祝典を盛大に開催し、熱い統一熱望と愛国意志を込めて、七千万全同胞にこのアピールを送る。

 三千里祖国が限りない激情と歓喜で沸きあがった、南北首脳の歴史的なピョンヤン会談の日から二年が過ぎた。

 新世紀の自主平和統一の里程標である六・一五共同宣言を受けとめたわが同胞が「わが民族同士」との大命題で意思と心を合わせ、足並にそろえて歩んできた統一愛国の道は、このうえなく誇らしく自負に満ちたものである。

 数多くの南と北の同胞兄弟が相次いでソウルとピョンヤンを行き来し、白頭山と漢拏山、金剛山で互いに抱き合って血肉の情を交わしたことは、一つとなったわが民族の未来像を見せてくれた愛国的な快挙であった。

 思想と制度、政見と信仰の違いをのり越え、六・一五共同宣言の旗にしたがって南と北、海外の同胞が連続して繰り広げた統一行事は、全同胞の胸の奥深くに統一愛国の意志と信念をしっかりと植えつけた。

 六・一五共同宣言が発表されたがゆえに、民族史は自主平和統一の軌道にしたがってたゆみなく流れ、全同胞は「わが民族同士」との大義のもとに統一された民族の明日を描くことができるようになった。

 われわれは、いまや統一愛国の熱情と意志で、われわれが歩んできた自主平和統一の道をさらに力強く広げて行かなければならない。

 この聖なる民族的偉業、愛国的偉業が、わが七千万同胞の胸にこだまする。

 国内外の七千万同胞兄弟よ。

 わが民族にとって最大の愛国愛民は、歴史的な六・一五共同宣言を積極的に支持し、より徹底して履行することにある。

 ―すべての同胞は、祖国統一の里程標である六・一五共同宣言をさらに高く掲げて前進しよう。

 真に祖国を愛し、民族のために統一を願う人であるならば、皆が六・一五共同宣言を熱烈に支持し、貴重に思い、徹底して貫徹するための偉業に力と知恵、熱情と努力をすべてささげなければならない。

 ―すべての同胞は、六・一五共同宣言の履行を妨げようとするいかなる試みも断固反対しよう。

 情勢がどのように変わり環境がどのように悪化しようとも、共同宣言の基本精神を徹底的に固守し、これに基づいて祖国の統一偉業を実現していくことを民族史の不変の流れにしなければならない。

 ―「わが民族同士」、この大命題を民族の生命線としよう。

 祖国統一はわが民族同士の統一である。

 思想と理念、政見と信仰、階級と階層の差異を乗り越え、あなたもわたしもわが民族同士が力を合わせるうえで主役にならなければならない。

 同族同士が反目し合い敵対視していた対決時代の遺物をきれいに清算し、わが民族同士が団結して自主統一の大道を切り開いていかなければならない。

 ―全同胞は、わが民族同士が力を合わせて外勢による戦争の脅威を排撃し、統一に障害となるあらゆる行為を断固退けよう。

 全同胞は祖国の平和を守るためにあらゆる努力を傾けなければならない。

 民族内の対決と分裂をさらに助長しようとするすべての行為に対して果敢に反対し、排撃しよう。

 ―国内外のすべての同胞は、思想と理念、制度の差異を超越して連帯、連合をより確固と固めていこう。

 連帯、連合は六・一五共同宣言を守る道であり、ここに統一祖国の未来が約束されている。

 六・一五共同宣言を履行する神聖な道程で、全民族の連帯、連合を立派に実現しなければならない。

 自主統一の夜明けを迎えようとするわが民族の前途は希望に満ちている。

 われわれ全員が祖国統一の旗、六・一五共同宣言の旗をさらに高く掲げ、新世紀の早い時期に自主的平和統一の大門を大きく開こう。

 民族統一大祝典に参加した南、北、海外の同胞は、全同胞がこの愛国的なわれわれのアピールに積極的にこたえ、六・一五共同宣言を実現するために全民族的な統一運動に力強く立ち上がるものと確信する。

 二〇〇二年六月十五日

 金剛山