ソウルで韓統連会員の名誉回復と自由往来のための

学術シンポ開催(11・29)

〔メニュー〕 〔韓統連対策委〕


(統一ニュース 11/29)

韓統連の会員ら海外同胞「なつかしい故国に自由に往来できるようにすべき」

 米国、日本、ドイツなど海外で民主化闘争をくりひろげ、帰国が不許可になっている同胞らに、自由な帰国が保障されなければならないという主張が強くなされた。

 在日韓国民主統一連合(韓統連)の「名誉回復と帰国保障のための対策委員会」と「民主社会政策研究院」、「聖公会大学民主主義資料館」などの共同主催で29日午後、聖公会大学ピーツフォークホールで開かれた「海外同胞と民主化運動」という主題のシンポジウムで、参加者らは異口同音にこのように主張した。

 この日、最初の発題者として発言したイム・ビョンテック(日本北海道札幌市市政研究会)事務局長は、「日本での韓国民主化運動」という題目の発表で、「現在政権についているキム・デジュン氏は1973年、『韓国民主回復統一促進国民会議』(韓民統)結成のために日本に来て、これに気づいたパク政権によって8月にら致された。韓民統の初代議長に内定していたキム・デジュン氏を救出するため、在日同胞らはあらゆる迫害をうけてきたが、結局、彼を救出した」と説明した。

 キム・デジュン大統領が執権した1998年、その間民主化運動に参加してきた同胞らの雰囲気に関して、イム・ビョンテック事務局長は、「故国へ自由に往来できるかもしれないとの期待をもった」と回顧し、「しかし、結局、見果てぬ夢になってしまった」と憤慨した。

 また、イム・ビョンテック事務局長は、「昨年、光州抗争20周年記念セミナーに参加するために出入国を申請したが、過去に反政府運動をしたことに関して反省文を書けば入国を許可すると政府が返答したので、非常に憤怒した」と語り、「祖国に栄光をもたらそうとして民主化運動をしたのに、それを反省するなどということはできず、ともに苦痛を味わってきた同志らを思い出し、積極的な対応策として裁判を提起した。そして裁判に勝ち祖国の地を踏むことができた」と説明した。

 いっぽう、イム・ビョンテック事務局長は、1960年代、在日韓国青年同盟(韓青)の活動を展開してきたが、イ・スンマン政権とパク・チョンヒ政権は、韓青を「利敵団体」とみなし、韓青活動の経験がある同胞は韓国に来れないようにしたと説明した。

 韓民統は89年に韓統連へと名称を変更し、韓統連は現在まで「反国家団体」とされている。したがって、韓国国籍をもっていても、韓統連で活動した経歴があるという理由だけで、政府から入国を厳格に規制されている。

 イム・ビョンテック事務局長は、「海外で韓国の民主化と祖国の統一のために献身してきた同胞らに、最小限故国を往来できる自由と過去の活動に関する名誉回復が必ずやなされなければならない」と、故国の地を踏むことができるようになることを切々と訴えた。

 討論者として発言した中北龍太郎弁護士(大阪在住)は73年、キム・デジュンシ氏ら致に対する韓民統の献身的な姿勢は、日本社会に大きな影響を呼び起こしたと指摘し、当時日本政府は韓国の軍事独裁政権を支持し、南北統一を妨害する立場だったと説明した。

 2番目の発題者として発言したキム・ミヌン(ニューヨーク・キルボ教会)牧師は、「米国での韓国民主化運動」という題名の発表で、「米国では80年の光州抗争を契機に、米国の責任を提起しながら反米運動がはじまり、分断問題を正面から提起することが、韓国の民主主義問題を解決する根本的対策だとの認識を持つようになった」と主張した。

 キム・ミヌン牧師は、このような認識は「米国内の民主化運動が親北勢力とされ、これは韓国民主化運動に制約となり、大衆を萎縮させる」とのう問題提起を受け、主流から排除されたと説明した。しかしこれは、「民間政府の出現で米国内の民主化闘争の存在意味が薄れた時、分断状況の未解決によって、持続的な生命力を維持し、成長している」と評価した。

 また、討論者として発言したユン・ハンボン(民族未来研究所)所長は、「米国内の一部の同胞勢力は、親米反共主義が韓国よりも強い。これは移民当時の意識が固着したもので、言語と文化の障壁と韓国の変化に接する機会が少ないからだ」と分析した。

 3番目の発題者として発言したイ・ジョンス(光州大学言論広報大学院)院長は、「欧州内の民主化運動は、多様性を認定するため、祖国統一運動への拡大が早く進んだが、本格的な活動は、祖国統一汎民族連合が建設された90年以後から」と説明した。「しかし、欧州内での統一運動は活発ではないが、南北を見るときの偏見が少なく、南北をつなぐ条件ができているため、客観的な視点で朝鮮半島問題を見ることができるという長所がある」と指摘し、「彼らが祖国の統一のために働くことができるようにすることも重要だが、国内の民主化運動勢力が海外運動を正しく評価できるように、みずからを変えることがより重要だ」と強調した。

 この日のシンポジウムには、韓統連のカク・トンイ議長が「祖国の同胞に送る文」を寄せ、「韓統連にかけられた反国家団体という汚名をそそぎ、その名誉を回復させ、母国往来の自由を保障する措置を1日も早く取ることを政府当局に強く要求」した。

 一方、昨年12月6日に結成式を持った「韓統連の名誉回復と帰国保障のための対策委員会」(カン・マンギル共同代表)は、宣言文で政府の韓統連に対する反国家団体規定を取り消し、韓統連会員の自由な故国往来を保障しろと主張している。

*記事の事実誤認などは訂正しました。

(翻訳:韓統連中央宣伝局)