朝鮮戦争中の米軍による民間人虐殺真相究明のための

コリア国際戦犯裁判 企画案

〔メニュー〕


1.意義

 1999年9月29日、AP通信を通して、忠清北道ヨンドン・ノグン里、米軍が犯した虐殺蛮行が公式に確認され、50余年間息を殺してきた被害者と遺族ら、そして、目撃者たちから、恨のこもった絶叫の声が吹き出し始めた。しかし、昨年12月12日、米国の大統領クリントンは、ノグン里虐殺と関連して「混乱した何人かの兵士らによる偶発的な事故」だとして、謝罪でなく単なる遺憾だけを表明することで、自らの法的、道徳的責任を回避しようとしている。

 全民特委に調査作業として現在までに確保された資料によれば、米軍による虐殺地域 は、ヨンドン・ノグン里を始めとして、コチャン、サンチョン、テグ、プサン、ヨス、ジンブ、タニャン、イクサン、ユソン、ソウルなど、南側だけで、60余箇所を超えてお り、北側地域では、黄海道ウンユル、シンチョン、ピョンヤン、チョンジュなど100余箇所を超えている。これは、米軍が行った虐殺が、いくつかの地域に限定されたものでなく、韓半島全域にわたって、計画的、かつ組織的に行われており、わが民族全体を対象にした虐殺蛮行であったという事実を証明するものである。

 それだけではない!今、この時間にも、韓半島の南の地に居座った駐韓米軍は、梅香里という小さな村で、一日に400回を超える戦争演習をしており、この地で最も美しい100余の地域に軍事基地を作って、汚染をまきちらして環境を破壊し、強姦、殺人、放火など、彼らがしでかした犯罪だけでも、十万件を超えている。また、北の地に対しては、この50余年間、経済制裁、および戦争策動を繰り広げることで、また別の人倫犯罪を行っている。

 「コリア国際戦犯法廷」は、南、北、海外の7千万の同胞が主人となり、米軍が、韓国/朝鮮戦争中に、わが民族にしでかした殺りくの蛮行を始め、50余年間、犯してきた全ての犯罪を、世界の良心と共に、歴史の正義の前に明らかにする場として、政治的、道徳的、歴史的に、「踏みにじられてきた民族の尊厳と、奪われてきた民族の自主権を取り戻す場」となるだろう。

 

2.主催、および後援

主催:米軍虐殺蛮行真相究明全民族特別調査委員会

    国際行動センター(International Action Center)

    平和のための在郷軍人会(Veterans for Peace)

後援:全世界で、平和、正義、人権運動を繰り広げている20余の国際団体

   米国内の40余の団体、個人                                                                

 

3.戦犯法廷の日程、場所

日時:2001年6月23日(土)

場所:ニューヨーク・マンハッタン

 

4.全体日程

6月22日(金)ニューヨーク国連チャーチ・センター

    国際裁判部/国際検事団/主催者代表らの相見礼、歓迎晩餐

6月23日(土)ニューヨーク・マンハッタン

    コリア国際戦犯法廷

6月24日(日)ニューヨーク・マンハッタン

    国際平和大行進

6月25日(月)ワシントン

    韓国/朝鮮戦争51周年、米軍虐殺蛮行真相究明、NMD/TMDを通した戦争策動粉砕、

    朝米平和協定締結促求、駐韓米軍撤収のための全民族大会(仮称)

 

5.日程

6月22日(金) 

11:00       記者会見(国連チャーチセンター)

12:00~13:00 昼食

13:00~16:00 国際検事団/国際裁判部、判決文と起訴状草案検討会議

16:00~17:00 合同会議

17:00~20:00 歓迎晩餐(国連チャーチセンター)

 

6月23日(土)

 9:00       登録

 9:30~10:00 事前行事、国際検事団/国際裁判部 会場到着

10:00       裁判開廷

10:00~10:30 国際検事団および国際裁判部紹介

10:30~11:00 祭礼(怨恨祭)

11:00~11:10 裁判長あいさつ

11:10~11:20 検事あいさつ

11:20~11:30 原告側陳述(全民特委)

11:30~13:00 証言

13:00~14:00 昼食

14:00~15:00 主題別分科討論

            (主題:NMD/TMD、コロンビア、パレスチナ、新自由主義、経済制裁、米軍爆撃演習など)

15:00~17:00 証言   

17:00~18:00 検事側最終陳述(Ramsey Clark)

            判決文朗読(裁判長)

            VFP発言(Brian Willson)

            IAC発言(Brian Becker)

            全民特委発言(事務総長)

18:00~19:00 夕食

19:00~22:00 南北海外民族共同文化行事

22:00       宿舎に移動

 

6月24日(日) 

10:00~14:00 集会(国連本部前)

            行進(マンハッタン中心街)

            総括集会(場所未定)

14:00~16:00 昼食、まとめ

16:00       ワシントンへ出発

19:00       夕食(車内)

21:00       ワシントン到着、宿舎へ移動

6月25日(月) 

10:00~10:30 記者会見(米議会前)

10:30~13:30 集会(米議会前)

            行進(米議会前⇒ホワイトハウス前)

            総括集会(ホワイトハウス前)

14:00       全体ティップリ