◇活動・行事欄 

■韓日民衆の固い絆で

     韓半島の自主的平和統一を!

2000年韓日連帯民衆の夕べ開催

■清流の傍らで、アウトドア楽しむ!

     韓統連生野支部野遊会開く

■あがらずに韓国語が使えるようになる!

生野支部・春期韓国語会話教室開校式

■石原東京都知事の妄言に反対し、

      大阪で抗議集会・デモ開催!

 

 戻る

■韓日民衆の固い絆で

   韓半島の自主的平和統一を!

2000年韓日連帯民衆の夕べ開催

 5月14日(日)大阪市天王寺区のアウィーナ大阪において、「〜21世紀を統一の時代に〜 2000年韓日連帯民衆の夕べ」が開かれ、会員、同胞諸団体、日本の労働組合・市民団体代表など多数が参加した。

 主催者あいさつに立った梁東a(ヤン・ドンミン)韓統連大阪本部代表委員は、昨年、展開された国家保安法を撤廃させる闘いや、南北労働者サッカー大会など、1年間の運動を回顧しながら、「21世紀の早い時期に、統一を実現できるよう日本の友人のみなさんのご助力・ご協力をお願いしたい」と述べた。

 第1部の記念講演では、金政夫(キム・ジョンブ)韓統連中央本部事務総長から「南北首脳会談と朝鮮の統一」というテーマで、先の歴史的な南北首脳会談開催合意を受けて、その背景や今後の展望について語った。

 講演の中で金事務総長は「4月10日に発表された南北首脳会談開催合意文は、誰もが支持できるもの」としながら、「米国は首脳会談の議題などについて干渉している。米国の横やりや干渉を許さず、民族自主の立場で首脳会談が行なわれるよう世論化する一方、自主・平和・民族大団結で祖国統一を実現しよう」と述べた。

 第2部のパーティーでは、歓談の合間をぬって、子どもたちによるサムルノリの発表や、ギターとフルートの演奏によるコンサートが披露された。コンサートでは、80年の光州民衆抗争をテーマにした「線精 殻税 葛掘」(若い魂の歌)などが歌われ、20年前の闘いが想い起こされた。集いは、清々しい雰囲気の中で進行し、参加者みなが、これからの運動への決意を固めた。

 top

 戻る

 

 

■清流の傍らで、アウトドア楽しむ!

    韓統連生野支部野遊会を開く

 去る4月29日(土)韓統連生野支部主催による野遊会が、大阪南部の滝畑ダム・キャンプ場で行なわれた。

 5月連休の初日であったが、初夏を想わせる暖かさの中、韓統連会員、韓国語会話教室受講生たちなど、約30名が参加した。

 釣り堀で、あまご釣りを楽しんだり、河川敷で散策したり、おしゃべりをしたり、思い思いの時間を過ごした後、お昼には、七輪を囲んで焼肉と焼魚に舌鼓を打った。

 久しぶりに参加した家族や、初参加の友人を紹介しあい、交流と親睦の輪を広げた楽しい休日であった。

 top

 戻る

 

 

■あがらずに韓国語が使えるようになる!

生野支部・春期韓国語会話教室開校式

 5月11日(木)「韓統連生野支部 春期韓国語会話教室開講式」が開催され、多くの新参加者、会員が参加した。
 昨秋から装いを新たにして再スタートし、初歩と初級の2クラス体制で行なってきた。半年間で、初歩の受講生が初級にレベルアップし、今期から学ぶ受講生もすばらしい講師の下で、学ぶ意欲も満々。
 韓国語だけでなく、習慣と風俗も学びながら、今まで以上に会話ができるようになる。そんな雰囲気の開講式であった。

 top

 戻る

 

 

■石原東京都知事の妄言に反対し、大阪で抗議集会・デモ開催!

 石原東京都知事の「三国人」発言に抗議する集会(主催:同実行委員会)が4月27日(木)大阪市中之島野外音楽堂で開かれ、約60の各界各層の団体が結集した。

 集会では、まず司会者よりこの間の経過報告がなされ、続いて各団体・個人から石原都知事の発言の撤回と謝罪、辞任を求めるアピールが行なわれた。

 在日韓国人青年の立場から韓青同の姜希文(カン・フィムン)副委員長がアピールに立ち、「三国人という言葉は在日朝鮮人に対して差別的に使われたものであることは歴史的な事実であり、石原都知事がそのことを知らないはずはない」と発言の撤回と謝罪を求めた。さらに、「関東大震災で多くの朝鮮同胞が当時のデマ宣伝によって虐殺されたことを想起させ、怒りを抑えきれない。」と強く抗議した。また、今回の発言の背景には、南北首脳会談開催合意など、南北の和解の気運が高まる中で、これを心よく思わない右翼反動勢力の声を代弁したものであるとした上で、「石原都知事のような時代錯誤的な右翼反動勢力を、私たち民衆の団結した力で徹底的に孤立させ、私たちが望む朝鮮半島と日本の真の友好を築いていきましょう。」と発言するや、参加者から大きな拍手が起こった。

 その他のアピールでも、今後抗議行動を全国に広めていくことや、自衛隊の治安出動に反対していくことことなどの行動が提起された。

 集会の最後に、平和を脅かし住民を戦争に駆り立てる石原都知事の即時辞任を要求する内容の抗議声明を集会参加者一同で採択した。

 集会後、「石原都知事発言に抗議、辞任を要求」、「自衛隊の治安出動反対」などのシュプレヒコールをあげながら、市内をデモ行進した。

 top

 戻る